「・・・煎って、潰して、蒸して、搾る」。

九州は熊本の小島にて、

大正時代に作られた玉締め機械を使いながら、

昔ながらのシンプルな製法にこだわる"石臼搾り”。

 

油圧の力でゆっくりと金輪を押し上げて搾る方法なので、

圧縮熱による変質も無く、なたねやごまの有効成分が

自然な形で出てくるのが特徴です。

 

また、搾った油は薬品などは一切使わず、

水洗い・湯洗い・加熱をしない、未精製の油。

 

玉締め機械の油圧ポンプの燃料や潤滑油などには

製造したなたね油を使用、

さらに油かすは専用の粉砕機で砕いて肥料にするなど、

地球にもからだにも優しい油作りをこころがけています。